2015年09月28日

藤田観光、来春オープンの那覇・国際通り「ホテルグレイスリー那覇」の予約受付開始

藤田観光株式会社WHG事業グループは、2016年春に沖縄の那覇・国際通りに開業を予定している「ホテルグレイスリー那覇」の予約受付を2015年10月7日(水)より開始する。ホテル開業は2016年4月7日(木)を予定。

同ホテルは、沖縄最大の繁華街である那覇・国際通りのほぼ中央に位置する11階建て198室の規模だ。本年4月に開業した「ホテルグレイスリー新宿」で好評のロビーアテンダントを配置し、沖縄の観光情報提供や周辺の飲食店案内などに務める。

また、同ホテルは、増加する国内のレジャーや観光客、訪日外国人客のニーズに合わせ、従来のビジネスホテルに比べ、ツインルームの割合を増やした。さらに「広島ワシントンホテル」、「仙台ワシントンホテル」、「ホテルグレイスリー新宿」に続き、全室に風呂・トイレが分離した「独立型バスルーム」を採用する。レストランでは沖縄の食材を使用したメニューや琉球料理を提供し、質の高い朝食を提供する。

予約に先立ち、期間限定の開業特別プランを用意している。
http://gracery.com/naha/

FUJITA.png
posted by 中庸 at 17:34| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不正義は正義という企業論理は通じない

後進国だけでなく先進国だって、一流だろうが二流だろうが、国を問わず、企業は「欲」と二人連れで不正義をなす。その不正義は、企業の論理では「正義」だったのだ。

政治もまた同様だ。

しかし、昔と違っていまは、情報の大量噴出によって巨象すらも瞬時に倒れる時代なのだ。今や世界は、とても不安定になっている。

しかも、企業家や政治家の得意技ともいうべき偽善や誤魔化しが、一番軽蔑されるのだ。

このことを肝に銘じなければならない。

かつて、ゴルフのコンバーチブルを愛用していたオイラではあるが、次に乗るのは……、うーむ、スーパーカブならば、信頼できるかも……。

posted by 中庸 at 16:29| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

予防医学による検診は、本当に信用できるのか

先に逝くのは私だと思った…というブログから引用
http://hinekurekuumin.blog.fc2.com/blog-entry-809.html

北斗さんは毎年乳がん検診を受けていたと言うが、検診では見つからなかった。検診は無駄なのか?くみんは無駄だと思う。他の癌友も、自分で見つけた人が大半で、検診で見つかったと言う人は知っている限りでは一人だ。



昔おつきあいのあった脳外科のお医者さんいわく「検診は無駄。悪くなったら医者にかかればいい」。だからオイラは、検診に行っていない。どっか調子が悪いなぁと思ったら、信頼している内科の主治医のもとに行く。

といっても会社員時代は毎年人間ドックに行かされた。ある年、職場の女子全員、マンモグラフィを受けた。総勢5名だ。うち4名に、再検査通知が来た。オイラもだ。

ハラハラドキドキ。検査を受けた病院とは別の、乳がん治療で名高い名医の予約を取った。一か月先であった。その日まで、万一の場合はこーしてあーしてと、ある程度覚悟も出来た。

そして再検査当日。名医は言った。「大丈夫ですね。ガンじゃありませんよ。こういう人多いんです。」

他の3名もそれぞれに再検査を受けており、みんな、異常なしであった。

あの検査は、いったいなんだったのか。人を不安にさせただけではないのか。気の弱い人ならば、そのことだけで体調を崩してしまうだろう。しかも、北斗さんのケースで分かるように、検診は役に立っていない。無駄な金がかかるだけである。予防治療という名目の大きな利権ではないのか。

再検査の必要あり、というセリフは、人を脅す威力がある。再検査の結果、OKだとしても言われた人は怒らない。「良かったね」という安心を受け取ったからである。しかも医療施設は、ありがとうと礼を言われたうえに金が入る。素晴らしいビジネスではないか。

昨年、友人が死んだ。ガンだった。直腸がんを手術したものの手遅れで、がん細胞はリンパ節に入り込み、身体中を巡った。東京まで行って、ありとあらゆる治療を受けたにもかかわらず1年後、あっけなく逝ってしまった。

彼は神経質だった。会社の経営者でもあったので、毎年家族で徹底的な、つまりは高額なプレミアム人間ドッグというやつを行っていた。その結果、健康に問題なしの太鼓判をもらい、半年もしないうちに「なんだか変な感じがして」受診したら、手遅れの直腸がんだった。55歳だった。

ガンは、異物であって異物ではない。

自身の免疫機能が低下することによって自己の一細胞がガン化するならば、気力・体力を失わず、自己管理するしか方法がないではないか。あとは。運というしかない。

昔のことだが、N氏がガンとなり臥せっているときに、「がんばれよ」と見舞いに来たのが取引先のK氏。翌日お礼をとN氏の妻がK氏宅に電話したら、K氏は「昨夜、就寝中に突然死した」とのことで、てんやわんやであった。臥せっていたN氏が亡くなったのは、それから1年後であった。

所詮、諸行無常……。




posted by 中庸 at 16:28| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 考えさせられる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バースデーソングは自由に歌ってよし、との判決。

勘弁してほしいよ。こんなんにまで著作権料が発生したら、我々の暮らしからは、自由が消えて、豊かさも消えて、ヒトとヒトのつながりも消えて、世界は、さもしい拝金社会に落ちぶれていくよ。

各地に残る童謡や民謡は、折々に書き換えられながらも現代に歌い継がれ、地域文化の象徴となり、私たちの心の寄りどころにもなる。

それらは、すべて、自由であるべきさ。経済という怪物に、魂を売り渡すようなもんだぜ。

posted by 中庸 at 15:45| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

琉球競馬「ンマハラシー」が沖縄こどもの国で開催!

d14623-6-828500-2.jpg

ンマハラシー(琉球競馬)とは、琉球王朝の時代から戦前までの約300年間、沖縄で行われていた競馬のこと。現在の競馬とは異なり、速さはもちろん足並みの美しさも競うものだった。軍馬としての需要がなかったため、このような優美さを競う競馬が行われていたと言われている。そんな「ンマハラシー」が、「沖縄こどもの国(沖縄県沖縄市)」で復活。年間3回開催しており、直近では2015年9月27日(日)、2016年1月31日(日)に実施予定だ。

d14623-6-314984-1.jpg

<開催日程>
日程 2015年9月27日(日)、2016年1月31日(日)
   スタート時間:全日程 13時30分〜
会場 沖縄こどもの国 -Okinawa Zoo & Museum
   沖縄県沖縄市胡屋5-7-1

http://kozaweb.jp/event/detail.html?&sp=true&id=2549

入場料:大人500円、中高生200円、4歳〜小学生100円

【ンマハラシーの歴史】
戦前、沖縄には離島域も含めて150以上の馬場が存在し、アブシバレー(※)を中心とした地域の行事の際に開かれており、出店も合わせて大変な賑わいを見せていた。しかし、戦争前になると、軍馬として大きく、強く改良していったため、馬と人間の関係は大きく変わってしまい、ンマハラシーも1943年、那覇市首里の平良真地で行われたのを最後に途絶えてしまった。

※アブシバレーとは
旧暦4月の吉日に行われる行事で、14日、15日頃に行われることが多い。アブシとは田や畑の畦(あぜ)のことで、バレーは払うの意。畦の雑草を刈り取り、農作物につく害虫を捕らえて、海や川に流し、豊作を祈願する。

沖縄こどもの国公式ブログでも情報発信中!
http://okinawakankyo.ti-da.net/

posted by 中庸 at 15:42| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナポリ沖縄小禄が1周年記念!ビール、赤・白・スパークリングワイン1杯100円!

「PIZZERIA BAR NAPOLI沖縄小禄」1周年記念!
 ビール、赤・白・スパークリングワイン1杯100円!

「PIZZERIA BAR NAPOLI久茂地交差点本店」では、
飲み放題が1時間680円!


d9946-231-193640-1.jpg

大丸2︎ ビール&ワインが1杯100円!

「PIZZERIA BAR NAPOLI沖縄小禄」では、9月24日(木)〜9月30日(水)の期間限定で「生ビール」「赤/白ワイン」「スパークリングワイン」を1周年記念価格の1杯100円で提供。店内では当たりが出るとマルゲリータを1枚サービスするゲームを開催。

PIZZERIA BAR NAPOLI沖縄小禄1周年記念!
 
期間 2015年9月24日(木)〜9月30日(水)
店舗 PIZZERIA BAR NAPOLI沖縄小禄
   ※条件 上記ドリンク以外のメニューをワンオーダーのこと。
住所 〒901-0145 沖縄県那覇市高良3-3-15
電話 098-851-9353
営業 11:00〜24:00(LO.23:00)
参考 http://www.endojapan.com/brand/napoliOkinawaOroku/

■ 飲み放題1時間680円

期間 2015年9月27日(日)〜9月30日(水)
店舗 PIZZERIA BAR NAPOLI 沖縄久茂地交差点本店
住所 〒900-0032 沖縄県那覇市松山1-8-19シティまつやまビル1F-A
電話 098-866-8066
営業 11:00〜4:00 (L.O.3:00)
参考 http://www.endojapan.com/brand/napoliOkinawaHonten/
posted by 中庸 at 15:35| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

世界には、悲しい出来事が多すぎる

日本人の意識調査によると、金は出すけど難民は入れたくない、というのが大勢のようだ。

島国の日本人は、日本民族という幻想を信じているから、他国の人たちに対しての許容度が低い。実際は、韓国人の遺伝子は日本人とほぼ一緒で同一民族にもかかわらず敵対心をむき出しにする人も多い。

縄文人の島に、半島からやってきた弥生人たちが混じったことによって日本人が出来上がったにも関わらず、この度量の狭さには呆れてしまう。

中国からの引き上げ。ブラジルなどからの日系人。そしてベトナム難民。もちろんオールドカマーたちもいるし、沖縄人もいる。多様な人たちで構成されているのが日本なのだ。

日本民族という幻想など捨てたらどうだ。国家という利権も不要となる時代が目前だ。政府は役に立たなくなり当然政治家も必要ない。技術の進化が、人類社会をひっくり返すだろう。

それにしても難民問題。日本人は、自分たちは絶対に難民化しないと信じている。

それが幻想だとしたらどうする? どこの国にも受け入れてもらえなかったとしたらどうする?

我々は地球で暮らすホモ・サピエンスという同族なのだ。
 
posted by 中庸 at 19:01| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狼は必ずやってくるのだから、暴れる地球に備えるべし

チリの大地震。驚く程に犠牲者が少なかったのは、理由があってのことだったらしい。

5年前の大地震で500人もの犠牲者を出したこ戸を鑑み、被害をださない取組を行ってきたチリは、地震発生から数分以内に海軍が全国に津波警報を発令し、自宅に帰り始めていた100万人が避難したという。

チリ大地震による津波は、日本に到着したものの規模が小さく心配ほどのものではなかったが、羹に懲りてナマスを吹く日本は、最悪の事態に備えた。

怖いのは、これが「狼が来た」にならないかということだ。

またか、ではなく、大したことがなくて良かったね、という形で迅速な避難を常に行う癖をつけて置く必要がある。


話は全く違うが、今騒いでいる安保法案に本気で反対したいならば、選挙において自民党に意見を突きつけるべきだろう。

選挙はまだ先だから、その間にゴマかしてしまう作戦に出るのは間違いないのだから。

狼は、必ず来るのだ。

posted by 中庸 at 18:15| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

ダイナミックに変化する那覇の裏側

那覇の商店街。沖縄県のメインストリートとも言える国際通りではなくて、地元御用達の、観光客から見れば裏側にあたるリアルな沖縄に変化が起きている。

それが、物販系から飲食系への転換だ。

P1050956.JPG

国際通りから平和通りに入り、ずんずん歩いていくと「サンライズなは」商店街と交差する。ここにできたのが、地元を対象とする「黄金や」だ。正式オープンは、たしか9月末だった。

P1050957.JPG

地元が対象だから、メニューの天ぷらもおでんも、本土スタイルである。観光客対象ならば、沖縄天ぷらとテビチおでんといったところか。

P1050953.JPG

黄金やの経営母体。実は沖縄では最大手の家具販売企業である。物販業界から、飲食事業への挑戦だ。

P1050950.JPG

沖縄では、一人親方の個人起業とともに、大手企業もまた新たなチャレンジに乗り出している。沖縄経済は未だ低空飛行ではあるが、多様に、ダイナミックに動いているのだ。たぶん、こういう土地には、多くのチャンスが転がっている。

■黄金や
 902-0065 沖縄県那覇市壺屋1-7-5
 電話番号 098 860 0805
posted by 中庸 at 16:13| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

密やかに40年の歴史を重ねる国際通りのミュージックスポット

今の人は、知らないはず。
P1060235.JPG

この人も、知らないはず。
P1060236.JPG

とうぜんこの人も知らない。
P1060239.JPG

もちろんこの人も……。
P1060237.JPG

40年の歴史を持つミュージックバーが、那覇の国際通りで今も営業しているのさ。
P1060240.JPG

つくりものではない本物のレトロ感には、歴史を重ねた店だけが持つ風格があった。
P1060229.JPG

音響も楽器も一通り揃っており、ライブもOK! 100人は入る。 
P1060232.JPG

しかしそこは、地元の団塊世代のオアシスだった。キャピキャピ観光客には入りづらい雰囲気を醸し出しているが、ディープ那覇に出会いたいとか、地元オヤジの話を聞きたい人にはおすすめだ。
P1060238.JPG

店名を「トレヴィ」という。国際通り牧志バス停から徒歩10秒!
40年の歴史を体感したい方はぜひどうぞ。

沖縄県那覇市安里1丁目1−59
電話 098-866-6325

posted by 中庸 at 12:23| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

防災用トイレットペーパー備蓄を経産省が呼びかけ中

経済産業省が、トイレットペーパーの備蓄を呼びかけている。

20150827a.jpg

その理由は以下のとおり

(1)大規模災害においてはトイレットペーパーの供給不足によるトイレ不足が発生する。
(2)東日本大震災では、被災地のみならず全国的にトイレットペーパー不足が発生した。
(3)トイレットペーパーの約4割を生産する静岡県が東海地震等で被災したら供給不足になる。

ということで、各家庭では、日常用とは別に防災用のトイレットペーパーを備蓄しましょうね〜♪  その他食料備蓄も大事だね〜♪ ということは、国内消費がグーンと増えて税金が国庫に入りますわね〜。しかも、ビジネスチャンスにもなるね〜。

ちなみに我が家は芯なしタイプ(*^^)v

posted by 中庸 at 16:06| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 地域ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

Isだけじゃないよ、タリバンも元気だよ

世界のいたるところで、何が何だか分からないことが起きている。

正義とか悪とかを超越した、争いを好む人間のサガが引き起こす摩擦。対岸の火事を決め込むわけにはいくまい。日本だって、相当きな臭くなっている。なにが起きても、不思議ではないと思うよ。

かつて、2001年を前にしたマスコミや政治家は「ボーダレス社会の実現で、21世紀は人類史上初めて、戦争のない平和な世紀になる」と自賛した。んなわけあるかい。大きな敵が消えてしまったら、宗教やら民族やら人種やら、そこらじゅうにある小さな火種から、大きな火事が世界中に広がるわい。ヒネクレ者のオイラがそう思った通りの世の中になったではないか。

そんな世の中で国を安全に導くには、高度な外交力とともに、単一民族思想にかぶれたニッポンプライドによるアホな差別主義の撤廃だ。なのに、この国は、世界に敵を作るための道を走り出している。

こうした事態を引き起こした元の元をたどると、ああ、そうだった、日本国の宗主様たるUSAではないか。世界の警察官かもしれないが、立場を変えて違う視点で眺めれば、利権あさりのならず者国家。その子分たる日本は、宗主様が黒いカラスを白いといえば、そーだそーだと付和雷同。

人間は、性善説では語れない性悪な生き物かも知れないなぁ。


posted by 中庸 at 14:45| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

あなたの身体を私が使いますってのが現実になる

頭部移植手術ってのは、首から繋ぐのかね〜?
それとも、脳を入れ替えるのかね〜?

自分の体が、誰かの入れ物になるとしたら、それは喜ばしいことなのかなぁ。

記事によると、男性の頭部が移植される胴体のドナーや、ドナーが中国人になるかどうかなどについては明らかにしなかったとあるが、そりゃあ、あなた、健康な死刑囚がいくらでもいるでしょうが。罪人に人権ない国だし、その罪人をいくらでも作りあげちゃう国だしさ。

ん? イタリア人の頭に中国人の体は変?

大丈夫さ〜。(*^^)v

反抗ばかりして共産党に迷惑をかけているウィグル族ならば、きっと、イタリア人との相性ばっちしさ〜(・v・) などと、考えてるのが中国のお偉方かもしれんからさ〜(*^^)v

posted by 中庸 at 16:33| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

ホモ・サピエンス大躍進の秘密はここにあり〜(*^^)v

丁度、「ネアンデルタール」という古い本を読んでいたところにこのニュース。

なぜ、ホモ・サピエンスが生き残り、大進化の糸口に立っていた他のホモ族は滅んでいったのだろう。

たぶん、ホモ・サピエンスが嘘つきだから生き残ったのさ。

要領がいい=嘘をつく=ずる賢い=頭が良い( ̄^ ̄°)

一時的なごまかしは、猿だろうが犬だろうが、他の種でもできる。飼い主のいない時に悪さをしたペットが、自らの悪事?をごまかそうとするのを経験した人は多い。ペットを飼ってる人ならばね。

滅びていった他の種族はこれ(一時的ごまかし)が限界だったと思うのさ。言い換えれば「人が良い」(*^^)v。

ところがホモ・サピエンスは、その場しのぎの嘘・ゴマカシよりも高度な「裏の裏をかく」ことができるのだ。相手のウソに騙されたふりをして、さらに騙し返して利を獲る、という作戦だ。

はっきり言ってタチが悪い。

だが、世間を見渡せば、この手の人たちが「成功者」の顔で威張っている。

我々の社会は、地道にコツコツ頑張る真面目な人よりも、要領のいい、嘘つき達のほうが、出世したり、金を儲けたり、人を騙したり、経済至上主義のなかでは得をしているのさ。

裏と表

本音と建前

ホモ・サピエンスには、そーしたことのできる脳が備わっているから、ライバルを蹴落として進化の頂点にたったのだろう。

しかし、いずれは、オイラ達もまた滅びの道を歩くのさ。ていうか、その時が来つつあるような気がするよ。より便利な、より儲かる仕組みを求めて、我々は我々自身で人間の次にやってくるであろう、子を産み進化するAIロボットを生み出そうとしてからね(*^^)v

さよなら人類〜♪って歌、聴いたような気が……。

posted by 中庸 at 17:28| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日が今日となっても、今日は明日という未来を刻まない

【随時更新】大雨特別警報 各地の状況まとめ
http://news.yahoo.co.jp/story/26

逃げる間もなく、家が流され車が水没した。
行方不明になった人も多かろう。

昨日までの平和な日常はどこに行ったのか。

昨日が今日となり、今日が明日に続くと信じているからこそ、人は勤勉に働き、日々の糧を得ようとする。多くの人が家族をつくり、肩に担ぐ荷物を一つひとつ、増やしていく。

人の生涯は、より多くの荷物を持つこととイコールだ。しかも、それらの荷物のほとんどは金の力によって得られるのだ。資本主義の申し子として、荷物を担ぐために我々は、額に汗して生きていく。これが、まっとうな、正しい生き方だと信じて。

自然の力は、そんな幻想を瞬時に打ち砕く。

人間たちのちっぽけな夢や希望なんてものは幻に過ぎないのだと突きつける。

モノは儚い。

モノにすがる人生もまた、あぶくのようなもの。しかしモノにすがらせることで、この世は回る。しかし本当は、モノなんて、不要なのだ。土地も家も、宝石も車も、あるいはコレクターたちのお宝も、大変動の前では何の役にも立たぬ。水に襲われれば単なるゴミクズと化す。

じゃあ、誰にも奪われないモノはなんだろう。

人が人として生きるとき、一番大切なものはモノなんかじゃない。自分が自分であるという記憶だ。それは、経験という名の宝物を通して人を昇華させていく。そして、人が死ぬ時、一緒に失われるもの。

限られた、いつ終わりがやってくるかも分からない、儚い我々の人生は、たくさんのモノを残すことではなく、たくさんの経験を積むために使いたいと、ふと、思った。
posted by 中庸 at 16:05| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 考えさせられる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

こんな女は、クビになって当然さ〜。

最低の女やね。

誰もが、同じ立場に陥る可能性がある社会に住んでいることを、この女は、まったく理解していない。

今日不幸なのは、シリア難民かもしれないが、明日は誰がこんな目に遭うのか、知る由もない。

他者を思いやる優しさこそが、我々に求められるもの。

国籍や人種、民族で人を差別し、迫害する愚かな人類は、いまや滅びの道を歩いているよ。

で、世界平和に貢献すると言明している我が国政府は、何人の難民を受け入れる?

10人? 20人? 

posted by 中庸 at 13:29| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

米国の最新スーパーカーに勝ったのは昭和のマツダだった

笑ってしもうた。

おんぼろマツダが、スーパーカー「シボレー コルベット Z06」にドラッグレースで圧勝しているよ。

しかも、1970年代のマツダ・カペラだ。ただしエンジンは1980年代に圧倒的な速さを競ったRX-7らしい。

にしても、かっこいいスーパーカーと、おんぼろの昭和な車が対戦してしまうところがおかしいさ〜。

我ら昭和世代も、捨てたもんじゃないぜ〜(*^^)v






posted by 中庸 at 14:15| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

ネット漬けで脳がポップコーンのようにスカスカになるらしい

1日10時間以上ネットを利用する大学生18人の脳をMRI(磁気共鳴画像装置)を使って調べ、利用時間が2時間未満のグループと比較したところ、脳の思考を司る灰白質が少なくなっていることが分かった。

ネット漬けの生活をしていると脳がポップコーン化、現実社会に適応できなくなる恐れがある(米研究)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52019794.html


昨日、東京から戻った。人に会うための1泊旅行だが、那覇空港からLCCで成田へ、成田から新橋へ、翌日はその逆行動で戻ってきたわけだが、その間、人々の行動を観察してみれば、スマホを持たない人間はほとんど居ないと気づかされたのだ。

彼らからスマホを取り上げたらどうなるんだろう。突然スマホが使えなくなったら、彼らは生きていけるのか。ここで「彼ら」とあえて言うのは、オイラが脱スマホして1年以上経つからなんだが、そのオイラにしても家に戻ればPCでネットにつながっているわけだから、依存者であることに変わりはない。

空港ロビーでは、仲間とはしゃぐ一部若者たちを別にすれば、ほぼ全員が、スマホかタブレットを触っている。紙の本を読んでいるのは、オイラ含めて2,3人に過ぎない。

本が、売れないはずだよ。


posted by 中庸 at 12:43| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | ヒトの脳を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

僕らは怪しい千ベロ探検隊〜♪

最近、表の国際通りにつながる裏筋に、ちょこちょこっと登場してきたのが通称センベロ。千円で、ベロベロに酔える店〜という意味で、そう呼ばれているとか。

とはいえ、ほんとーにそうかと問われれば、確かに、安酒オンリーで良ければ千ベロは可能だが、ちょいと美味しく、ちょいと快適に、などと欲を出せば、やはり、そこはそれ、千円をオーバーするのは当たり前でありますな。

じゃないと、店はやってけないさ。千ベロとは、千円でベロベロに酔えるとともに、千円の価値しかないんだよ〜ということを理解した上で、楽しむべし♪

P1060057.JPG

写真は、パラソル通りのおでん飲み屋。ママさんが美人さ〜。多分、本土の人だねぇ〜。つまり、千ベロ系の経営者には、本土系の人が多いってことだね〜♪






posted by 中庸 at 16:30| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする