2016年02月29日

私はおかあさんではありません

ある店でのこと。カウンターで飲んでいたら、5〜6人のグループ客さんが入ってきた。大変礼儀正しくて、お店のママさんとも和気藹々とやっていた。このグループが会計を済ませたところに、仲間だと思われるもう一人がやってきた。入ってくるなり、自慢話! 

遅れたのは仕事のせい。
日本中を駆け回るほど忙しい。
みんなに期待されている。
僕が居ないと何もうまくいかない。

声が大きいので耳に入ってくる。最初こそ「へぇ、この人、そんなにすごいんだ」と思ったものの、延々と続く自慢話でネタが割れてきた。歴史本やハウツー本の受け売りだ。しかも、しまいには自分を、歴史上の英雄に例えだした。

「僕は〇〇〇〇(英雄の名前)の再来だと言われているけれど、そうじゃない。〇〇〇〇を育てるニンゲンだ。僕のような人間が何人もいれば、沖縄はすべてうまくいくんだから」

すげぇ! ここまで来ると、ちょいとおかしな奴と言わざるを得ない。帰ろうとしていたグループ客は「またか」という雰囲気で、相槌を売っていた。

この自慢野郎は世間から見ると、自分自身が「おっさん」「おとうさん」世代であるにもかかわらず、親しみを込めたつもりか、見下しているのか、ママさんのことをしきりに「おかあさん」と呼ぶ。

「おかあさん。グラスちょうだい」「おかあさん、氷」
「おかあさん、このお茶、色が濃すぎるんじゃねえの」

「本場の黒ウーロン茶です」

やっと全員が出ていった。

「誰? あの失礼な客は?」

「さあ、私はあんな人のおかあさんじゃありませんし、お客さんでもありませんけどね」とママさん。なんと、自慢野郎は追加注文しておきながら金を払わずにしれーっと出ていったのだという。

人がほめないから、自分で自分を売り込むしかないのだろうが、金の払い方には、人間の品性が現れる。たぶん50代だとおもうが、自慢すればするほど人が逃げていくことに、その年になるまで気づかないこの男が哀れであった。本当に仕事できる奴なんだろうか、疑わしいぞ。

オイラは、テレビでも普通に見かけるが、よく知りもしない年配者に対して「おかあさん」「おとうさん」とか「おばあちゃん」「おじいちゃん」と気軽に声をかけるヤツは大嫌いである。呼びかけるならばたとえ相手が80歳でも「おねえさん」「おにいさん」が良い。あるいはきちんと、名前を聞くべきだ。

ついでに言うと「おばぁ」「おじぃ」の呼びかけも、身内でない限り、よろしくない。言われた側は、表面はにこっとしても、実はムッとしているのだから。

ちなみに前述の彼は沖縄人ではなく、沖縄の資源と金を利用しようと地元行政に食らいついているタイプの本土の男であった。
posted by 中庸 at 18:22| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | どーでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

スタバ商品の98%は過剰な砂糖入りとのNPO報告

砂糖の量は、小さじ25杯分に相当する99グラムだった、という報告が糖分と健康の関係を調査する英専門家グループ「アクション・オン・シュガー(Action on Sugar)」が出された。

何の砂糖?

スタバの商品だ。ドリンク131商品の、実に98%が危険レベルとか。たとえば、チャイラテのラージサイズに含まれる砂糖の量は、小さじ20杯分!!!

もちろんスタバだけではない。ケンタッキー・フライドチキン(KFC)のカフェモカも、小さじ15杯分の砂糖が含まれていたそうだ。

甘いものは別腹とはいうものの、これはいかん! かといって、カロリーゼロの人工甘味料を多量に採ると、それはそれで弊害がありそうだし、コーヒー、紅茶などの嗜好品は、素材そのものを良さを楽しむのが、大人のたしなみというものさ。

む、それだと、品質の良しあしがばれてしまう。砂糖やフレーバーで誤魔化せないからさ〜。


posted by 中庸 at 13:26| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

ロックとジャズが那覇でコラボするって、どーいうこと?!

沖縄では、那覇はジャズの街、コザはロックの街、という人多し。といってもコザは、民謡からロックまで、音楽ならば何でも来いの街だ。

一方、ナファンチュには、ロック嫌いが結構いる。といってもロックも様々で、オールディーズもあればパンクもある。「ロック」の一言では片付けられない。

そんな那覇の、ロック嫌いを何とかしようと考えたのか、2月21日に、那覇のタイムスホールで、沖縄県ロック協会という団体の那覇支部発足を記念したライブパーティが開催されるそうだ。

image.jpg

面白いことにこのイベント、ロック協会那覇支部の発足なのに、なんと沖縄ジャズ協会が共催している。ロックとジャズ、前代未聞の取り組み、かつ、すごいダンスユニットも出演する超豪華なイベントのようである。

沖縄の音楽シーンに興味のある人におススメだ(^^)v

■問合せ先
タイムスホール 098-851-5185
沖縄県那覇市久茂地2-2-2タイムスビル2F

那覇支部 090-6604-3906
Mail : churaoto@gmail.com
主催:沖縄県ロック協会那覇支部 
共催:NPO法人沖縄音楽文化振興会  沖縄ジャズ協会 
協賛 後援:各社 各マスコミ 
企画・運営:沖縄県ロック協会那覇支部発足記念新春パーティー実行委員会
posted by 中庸 at 17:20| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

下町那覇で京都と沖縄の着物文化をつなぐ大迫商店

那覇の国際通りから平和通りを進むとぶつかるのがサンライズなは商店街。開南のバス停ともつながっており、えびす通り、浮島通り、壺屋神里(原)通り、太平通り、農連市場そして壺屋地区にも、という位置関係のためか、観光客の方が迷ってたどり着いてしまう迷宮のラビリンスとも言われている(らしい)。

P1070467.JPG

地元のお客さんを対象とした暮らしの場所という古い商店街ではあるが、観光客の方にとっても、きらっと光る魅力を備えた地元店を発見できたりするから面白い。

P1070477.JPG

そのうちの一つ、かねてから気になっていたのが「大迫商店」だ。思い切って入ってみた。
P1070478.JPG

一つの店の中で、鹿児島出身のご亭主が本場の大島紬や、紅型や紬など沖縄の染・織商品の卸を扱い、かつ、ウチナーンチュの奥様は、京都直送の和雑貨や小物、絹織物や帯、そして、着物や帯をアレンジして作った一点ものオシャレなファッション製品を扱っているとのこと。古布もあるので手作り派は要注目だ。

P1070464.JPG

P1070473.JPG

古い商店街のなかで、ひときわ目立つ商品たちは、ぶっちゃけ観光向けではないためか、これみよがしではなく品が良い。

P1070476.JPG

P1070475.JPG

P1070471.JPG

P1070474.JPG

最近、着物が見直されている。洗濯機で洗えて気軽に着用できる製品も登場している。

和が好きな人だけでなく、沖縄の紅型や紬に興味のある人にとって、卸もしている大迫商店は気軽な相談役になってくれるだろう。

■大迫商店
 那覇市松尾2-24-1(開南バス停から徒歩1分)
 電話 098-861-3310


P1070468.JPG

P1070466.JPG


posted by 中庸 at 17:31| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きゃー、すごい時代錯誤の議員先生だ

真面目に頑張っている議員さんには申しわけないけど、はっきり言って、こんなレベルでいいんかい!

丸山和也・参院議員(自民)「黒人・奴隷がアメリカ大統領になっている」 発言後に陳謝【全文】
http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/17/maruyama-slip-of-tongue_n_9251242.html

本人的には謝れば済むかもしれないけれど、日本の政治家のレベルが如何にひどいかを、世界中にバラしてしまったねぇ。

世界は、もう、政治家も国家も民族も関係ない時代に入っていこうとしているよ。それを防ごう、既存権益たちが必死になってるけど、この流れは止められない。

となれば、新しい時代に対応するためのシステムを、作った奴が勝ちってことだよね。



posted by 中庸 at 16:46| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

小さいオジサン伝説

世界各地には、小さな人たちの伝説が残されている。

日本は、座敷童子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E6%95%B7%E7%AB%A5%E5%AD%90

韓国はトッケビ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%93

沖縄は、キジムナー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%8A%E3%83%BC

ヨーロッパにも、いろいろあって、コロボックル、フェアリー、エルフ、レプラコーン、ドワーフ、ノーム、ホビット、ハワイはメネフネ。

そうだ、現代日本でも「小さいおじさん」がいる。

これらすべて、空想の産物といえるのだろうか。我々人類だけが、知的な生き物だったのだろうか。

他者を滅ぼして、生き残ってきた、地球で最も野蛮な生き物なのかもしれないなぁ。

posted by 中庸 at 14:24| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

週刊朝日「憤怒たゆたう」哀愁の基地の町で

2月19日発売の週刊朝日に、元朝日新聞記者で現在はノンフィクションライターとして活躍する三上喬氏の「憤怒たゆたう」シリーズに、沖縄県コザ(現在の沖縄市)が登場している。

P1070447.JPG

今は亡き、デイゴホテル社長、宮城さんの著書「哀愁のB級ホテル」を中心に、基地のまちコザに住む人たちの想いが語られている。

P1070448.JPG

実を言うと、この本を編集したのはオイラである。

その本が、偶然三上氏の目に留まり、その結果として現在のコザにスポットが当たったことをうれしく思う。基地を受け入れてきた街でさえ、人々の眼差しは変わりつつあると彼は指摘する。

三上氏の記事は、偏りなく淡々と、基地のまちを捉えて的確に描写している。良い記事だ。





posted by 中庸 at 15:57| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 考えさせられる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

バレンタインは下着で駆け抜けろ

イベントの収益が小児腫瘍財団に寄付されるとしても、寒い中を下着で走り回ることに何の意味があるんだろう。

写真で見る限りでは、鍛え込んだマッチョな肉体を見せびらかしたい人たちの自己満足としか思えないんだけど……。



posted by 中庸 at 15:06| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米軍基地返還後の北谷が大躍進

新築祝いの招待を受けて、久しぶりに北谷町へ行ったところ、あまりの変わりようにびっくりポンや〜! 

北谷に至る国道58号線添いの古ぼけた風景も無くなっている。建物がきれいになっているではないか。沖縄って、こんなに綺麗だったっけ??? 一時すたれていた宜野湾の家具街道すらも力を盛り返し、おしゃれな店が増えている。

しかも北谷町は、国道58号線の海沿いだけでなく、反対側の、役場が在った地区が大都会になっておる!  ありとあらゆる商業施設が進出し、本土の活気あるロードサイドかと勘違いするほどの賑わいぶりで、キラキラのネオンサインが目にまぶしい。

訪問する新築の家は、これらの商業施設とともに開発された住宅地の一角にあった。平屋の一戸建てで、土地面積は100坪。シャッターつきの車庫2庫を備えた豪邸である。

この一角、まだまだ売地がある。坪単価がいったいいくらなのかは知らぬが、この広々感は中部ならではだろう。羨ましい限り。土地がない那覇では、横ではなく、縦に縦にとマンション高層化が進む。

新築の個人住宅、集合住宅がどんどん建ち、北谷町の人口は増えていく。
希望に彩られた新住民の皆さんは、いったいどこから来るのだろう。
どこかの古いまちを捨ててやってくるのだろうか。

いずれにしても基地返還地の再開発に成功した北谷は、那覇新都心のおもろまちと同じく、税収アップ間違いなし。

こうした事象を見るにつけ、沖縄の発展を阻害しているのは「基地」だとわかる。基地経済うんぬんという人も中には居るが、返還後の土地活用力とは雲泥の差、比べようもない。

その証拠に、基地に隣接した、いわゆる基地の街は、その多くが衰退の一途をたどっている。基地経済に頼る時代は終わっていることを、北谷で見せつけられた。
posted by 中庸 at 12:45| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 考えさせられる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

バレンタインの見返り、大いに期待すべし

見返りを求めない純愛のために、女子を教育しては?という記事に、思わず爆笑。

んなこといってると、食い物にされる世の中だぜぃ。

モノゴトはすべてからくギブ&テイクがベストだと思うのです。

あげる、尽くす、かしづくだけの人生。あるいは、くれくれくれの、もらいっぱなしで社会にお返しをしない人たち。

義務と権利のバランスが取れてこそ、快適な暮らしが送れるのさー。

チョコをあげたら、お返しを期待してもいいじゃん!

つーことでオイラのバレンタイン。チョコなんて、あげたことなーし! 
あ、一度だけ取引先の部長にプレゼントして、女子たち全員、ご馳走になった(^^)v

posted by 中庸 at 14:02| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

悩みの種のショップカードは廃棄じゃ!

肝心な時に役立たないのがショップカード。

どういうわけか、該当する店に行ったとき、その店のカードが、財布からすんなり出てこない。そんなことの繰り返しで、ついに頭にきて、ショップカードを捨てることにしました。

ショップカードが存在することによって、購買行動が縛られてしまいがち。

例えば、ホームセンター。A店はショップカードがあって、カードを提示すると特定商品が割引価格になるだけでなく、会計の際、5%引かれる仕組みです。いっぽうB店にはショップカードがありません。

で、私はどちらで買うかというと、実はB店の方が多いのです。

ショップカードが多すぎて財布に入りきらないから、カード入れやら、車のポケットやらアチコチに入れるため、必要な時に必要なカードをどこに入れたか失念してしまいます。

A店ではカード割引があるのにカードが見つからない。レシートを持参すればあとでポイントつけますと言われても、それだけのためにわざわざ行く程の暇はなし。

ならば、カードのないB店に行ったほうがストレスがたまらない。

ないと、なんとなく損した気にさせるショップカード。ちょっぴりに過ぎない特典を得るために、どれほど束縛されるのか。20枚程廃棄して、あ〜、すっきり。

20万円買い物すると1000円の商品券がもらえるというスーパーマーケットの特典に、どれほどの魅力があるのかなぁ。その程度の金額は、少々節約すれば、それ以上に取り返せるはず。ポイントを貯めるために、買い物をそのスーパーだけでするほうが、損かもしれないし、カードが見つからなくてイライラするくらいなら「あ、カード持ってないです」のほうが楽。

なので、財布に残したカードはTカードとポンタカードのみ。

その他の、捨てなくとも時々使うカード、書店、電気店、スーパー、クリーニングなどのカードは別の専用ケースに入れて車にホイ。

あ〜、すっきり。
posted by 中庸 at 18:13| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | どーでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンタインは「ハートのまち」に行こう

トリップアドバイザーが、日本全国のハートスポットを紹介中ですが、筆頭に挙げられたのは、古宇利島のハート岩でした。

くわしくはこちら。
http://tg.tripadvisor.jp/news/advice/hearts_japan/

しかし残念なことに、ハートのまち宣言をした沖縄本島南部の南城市が入っていません。

道の駅「がんじゅう駅南城」には、ハートのまちならではのパワースポット「幸せの架け橋」があります。 橋の上で両手を広げると世界遺産『斎場御嶽』と神の島『久高島』の中心になれるパワースポットなのです。

全国的にも知られるようになってきた話題のパワースポット『幸せの架け橋』に行ってみよう!
くわしくはこちら
http://okinawa-nanjo.jp/station/

南城市のゆるキャラ「なんじぃ」も待ってます。
bnr_kyokai.png

posted by 中庸 at 17:12| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有楽町で『手と土と火と 沖縄のやちむん』展

Open MUJI Tokyo(東京都:無印良品 有楽町内)は、2016年2月26日(金)〜2016年4月3日(日)に『手と土と火と 沖縄のやちむん』展を開催します。

d987-712-675272-1.jpeg

会場 無印良品 有楽町 2F Open MUJI Tokyo
住所 〒100−0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
期間 2016年2月26日(金)- 4月3日(日)(全38日間)
時間 10:00-21:00(入場無料)
主催 無印良品
企画・運営 生活雑貨部企画デザイン室・無印良品 有楽町 Open MUJI Tokyo
企画協力 読谷山焼北窯、Art True Film、田中敦子
協力 読谷村役場、沖縄科学技術大学院大学
写真提供 Art True Film、沖縄県立浦添工業高等学校 写真部
グラフィックデザイン 6D 木住野彰悟

詳しくはOpen MUJI Tokyo公式サイトでどうぞ。
http://www.muji.com/jp/events/tokyo/
posted by 中庸 at 16:52| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄のホテルの無料宿泊券を当てよう

楽天株式会社は、旅行予約サービス「楽天トラベル」( http://travel.rakuten.co.jp/ )が主催する「楽天トラベル新春カンファレンス2016」(沖縄地区)にて、2015年の1年間に顕著な実績を収めた宿泊施設に贈る「楽天トラベルアワード2015」(沖縄地区)を発表しました。

これを記念して受賞した各ホテルでは、無料宿泊券が当たるプレゼント企画を実施中。
くわしくはこちら。
http://travel.rakuten.co.jp/award/2015/okinawa.html

posted by 中庸 at 16:44| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の5人に1人が中国人

なんだかんだ言っても、数は力なり。中国からの観光客が消えたら、日本沈没間違いなし!

13億人のうち、海外旅行に行ける経済力を有する人口が1割だとしたら、1億3千万人。

たとえ、13億の内の半数が超貧乏だととしても、億を超す人たちが世界でカネをばらまけば、恐ろしいパワーとなる。

単なる経済競争では、日本がいくら威張っても勝てるわけはないだろう。

なにしろ、世界の5人に1人は中国人なのだ。


posted by 中庸 at 16:14| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

親の因果は子に報うらしい

正義感の強い子供の親は正義感が強く、意地悪な子供の親は意地悪っていう結果が証明されたらしい。

「正義感や道徳心は両親から遺伝する」という可能性が示唆される

つまり、身体能力、知力、容姿だけでなく、後天的に獲得すると思われていた資質も、親の影響を受けるっていうことだよね。
 
一時期、ボランティアで子どもたちと接していたことがあるんだけど、親子って、ほんとに微妙だなぁと思ったよ。親子で一緒に積極的に学ぶ姿勢をみせている親の子供と、子どもほったらかしでスマホばっかりいじってる親の子供って、行動パターンが違うケースが多いのさ。

集中力とか注意力が弱いというか、根気がないというか……。

親が子供を鼓舞して褒めて、うまく導びいていると、子ども自身のやる気や好奇心が高まり、学ぼうとする力が付いてくる。ところが、親が子供に関心を向けないと、何をやってもやる気がない、飽きっぽい、がんばってる子の邪魔をするパターンになりがちだ。小さなうちは良いけれど、その資質は10代、20代、いやいや大人になっても……。

「親の因果が子に報い」は、確かにある。
ゼロから始まった無限の可能性を生かすも殺すも親次第さ。
posted by 中庸 at 21:32| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

頭の良い人ってどんな人?

「頭の良い人は差別をしない?」−北米最新研究で論争は、44,873人のアメリカ在住の白人を対象に、主に黒人に関してのアンケート調査を元にしている。

その結果、

★言語能力テストのスコアが悪かった人の45.7%は「黒人は怠け者」という見方をしている。
★スコアが高かった人には、黒人と白人の婚姻や、隣人が黒人であることを反対する人が少なかった。

この分析が正しいかどうかは、頭のよい人の定義がイマイチ分からないので何ともいえないが、日本でも、ヘイトスピーチなど人種的差別を声高に叫ぶ人たちを「頭の良い人」とは誰も思わないはずだ。例え彼らが、肩書のある役職、いわゆる世間的な知識階級だったとしても、人としての品格が伴っていなければ、単に頭の悪い人に過ぎないだろう。

posted by 中庸 at 17:08| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 考えさせられる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界が真っ赤に染まる日

世界はすべて、確率で成りたっている。我々の社会もご同様。悪を排除して善だけでコミュニティを構成しようとしても、善の中から、一定の割合で悪が生まれてくるだろう。

だから、もし、10人に1人の割合で、豊かな生活を謳歌できる人がいるとすれば、日本ならば1千万なにがしかの人が、裕福であろうし、中国ならば1億を超す人たちが、富を得ている計算になる。

1億人が海外に出かけて金を落とす。

膨大だ。


一方で、日本では約3割が苦しい生活を強いられていると聞く。ならば中国には、3億人以上もの恵まれない環境の人たちがいる計算になる。

全てはデータに準じるとしたら、我々の人生は、むなしいものだねぇ。




posted by 中庸 at 14:11| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットボトルに入った鳥、いかがっすかー。

いったい、どーやって、鳥をペットボトルに詰め込んだのだろう。

考えられるのは、ペットボトルを切って、そこから鳥を放り込んだか、切ってないとしたら、小鳥のうちに、入れたってこと??? まさかねぇ。

えーい、こやつも瓶詰にしてしまえ!




posted by 中庸 at 14:02| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

台湾地震にびっくりポン

つい先日、台湾に行ったばかり。

まちなかを眺めていて思ったのは、建築基準がどうなっているのかな、台湾は地震はないのかな、ということだった。

古くて、異常に高い、そして狭いエンピツのようなビルが、隣同士でもたれあうように乱立している。

大きな地震が来たら一発でアウトだ。

そんな感想をもって日本に戻ったら、ほんとうに地震が来てしまった。亡くなった方にお悔やみをもうしあげるとともに、行方不明の方々が一刻も早く発見、助けられることを切に願う。



posted by 中庸 at 22:08| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする