2016年12月13日

50%割引きしても儲かる商品かもよ

年末になると、テレビでも新聞でもチラシでも、大売り出しのオンパレードとなる。最近気になるのが、大手メガネ店たちの熾烈な安売り競争だ。

A店が「メガネ2本で1万円やでぇ〜」と宣伝すれば、ライバルB店は「なんと驚異の50パーセント引き」をアピール。

これを「あらぁ、安いわ〜。今のうちに買わなくちゃ」と考えるのは、消費者としてはトーシローだねぇ。安いにはワケがあるんだからさ。

莫大な広告費をかけて、安さをうたい文句にするテレビコマーシャルを出す裏には、商品そのものが、実は材質の劣る格安品という証明である。

安さを売りにする大型専門店よりも、実は個人店のほうが「安い」。これ、賢い消費者の常識。

通常、大型店は商品価格の20%を営業経費に組み込んでいる。しかも大型店ならではの様々な経費がかかる。個人店の場合、その部分が不要だ。しかも一人親方で頑張るオーナーは、無給いとわず業務にいそしんでいる。その証拠に、那覇の某店の場合、オーナー店長の給料をカットして30%割引の年末セールを実施している、これが本当の感謝祭である。同店の場合、50%割引を実施できるような商品はない。品質の優れたブランド品しか置いていないからだ。

このように、もともとの値付けが良心的な店は、50%割引なんて、死んでも出来ない。なのに大型店は50%割を謳い、人集めに精を出す。50%引いても利益が出る商品を集めているからだ。

そういえば、品質自慢の地元系某大型店が、テレビコマーシャルで「10%割引」をアピールしている。

消費者からすれば、こちらの割引のほうが価値がある。

50%割だの、1本買ってもう1本プレゼント作戦は、その場しのぎの売上アップになるかもしれないが、先は無い。それらの店で消費者は、通常の価格では買わなくなるからだ。また、沖縄で人気のあるブランドの格安売りをアピールしたりもしているが、結果として消費者はそのブランドを「安売り品」として認知するため、今後の売りあげ削減を招いているように思う。

posted by 中庸 at 16:15| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 今日の沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホの無い人生

あっ、やばーい。普段、全く使わない銀行口座で、ずーっと昔から使いづつけているカードの引き落としがあるのを忘れとった(;^_^A

ま、いっか。旧姓のまま10年以上使っているカード。
引き落とし口座は沖縄に移住する前の、前の前の、不要口座。
しかもカードは勝手にリボになってる。

で、外国人の店で、ある商品を購入するときに、ちょうど持ち合わせがなく、でも、何度も来られないからと、そのカードならいいよと、決済したんだっけ。それがリボだったので、毎月引き落としされてるわけよ。確か、40万円ほどの買い物だったさ。

しかし、そのカードも口座も、他には全く使っていないから、引き落としがあることを、ついつい忘れてしまうわけさ。リボって、面倒やのぅ。明日、入金しとこ。

こーいうことは、スマホを持っている人ならば、簡単に決済したり、お金を移動できたりするんだよねぇ。だけど、おいらは、スマホを持っていない。仕事を辞めた時に解約して、以後はケータイ族。いつも、社会とつながってて、日常の行動を把握されて、一日24時間仕事体制オッケーってのが、性に合わんかったのさ。

スマホは今や、ニンゲンの第二の脳だ。スマホが無くても生きていけるんかい!?ってな社会になりつつある現在、オイラのようにスマホ持たない族は、どーなるんだろ。

ビッグデータに個人情報を取られないことだけは確かだけどねぇ。







posted by 中庸 at 15:36| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 考えさせられる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

美魔女といっても所詮はおばはんや

ふーん。国民的美魔女コンテスト
か……。

若さゆえの美ではなく、生き方、人生、様々な経験を積んで輝いている女性のことだというが、一言でいうと、生活に余裕にのある女性が、金を使って顔と体を磨き上げた結果を競うものであろう。

生活に追われて疲れている40代と、左うちわに右扇風機、上からクーラーとばかりに外見を磨いている40代では、勝負にならないはずだ。

だがしかし、人間は所詮皮一枚。皮の下、いや、皮の中身に大差はあるまい。骨、血管、臓器、いずれも加齢によりくたびれてくる。美魔女ぶりを誇っても、老化を止めることはできない。

あ、違うか。最近は、遺伝子治療だのなんだの、恐ろしいほどで進歩している。

そう、金さえあれば、老化すら止められる時代になりつつある。

持てる者と、持たない者の人生の差は大きい。

美魔女コンテストは、その象徴のような気がする。
posted by 中庸 at 19:37| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | どーでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

1文字1円レベルのまとめサイト

まとめサイトもキュレーションサイトも、超超超!低価格の外部クラウドソーシングライターに大量生産させた安っぽい記事が多いのさ〜。記事一本書いて、50円とか100円とかだから、それで食っていこうとしたら、乱筆乱雑乱製造しかないぞ。

一昔前、印刷現場では文字1ケ打ち込むのに1文字1円とか2円と言われていた。原稿を見ながら活字を打つ作業だ。電算写植が使われていた時代は、早い人で1日2万円稼げたという。

ところがいまや、記事を書いて1文字1円の時代だ。1記事1000文字として1000円。1000文字の原稿を書くのに、いったいどのぐらいの時間がかかるというのだ。活字を打つだけよりもずっと、時間がかかるのは間違いない。自分の頭で考えている暇なんかないぞ。

人様の記事やブログをパクリ、テレビのワイドショーネタをパクリ、ってな感じで自称ネットライターたちが、パクリネタをたらいまわしにしているのが現実さ。

そうした裏の現実に気付かず、まとめネタを信じてSNSで拡散する人たちが結構いることに、おいらは驚きを覚えてるよ。

人間には、物事の本質を見破る力が必要だ。

その力は、物事をふかく捉える思考力と活発な好奇心、想像力なくして身につかない。まとめサイトを読むヒマがあったら、古今東西の文学作品でも読んでみたらどうなのさ。

と言いつつオイラは、最近のミステリー小説にハマってるけど♪






posted by 中庸 at 20:12| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | どーでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不思議な不思議なタックメイト

ココストアから、タックメイトに変わったものの、3か月も経ずして、アッという間に閉店。アレは、いったいなんだったのさ???

12528007_466610520206444_17135320_n_1.jpg

ココストア、2016年末までに「タックメイト」「RICストア」に改称−業態は変わらず
2016年9月5日


新コンビニ県内進出 エネ関連のミツウロコ、ココ7店を承継

沖縄に進出した第三のコンビニが割とココストア

さようなら?沖縄第三のコンビニ「タックメイト」

流通構築がダメだったのか、雇用がうまくいかなかったのか、
わけのわからん第三のコンビニ進出事件でありましたm(__)m


posted by 中庸 at 15:10| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 地域ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

骨汁の秘密

骨汁とは、沖縄では知らぬ者のいない庶民料理の一つ。

ただし最近は、あまり見かけない。だし骨を煮込んでダシをつくるより、沖縄そばスープをスーパーで買ってくるほうがラクチンさ。だからおいらは、骨汁メニューが無い沖縄そば屋は、だし汁を一から作っているのか疑っている。

沖縄のうわさ話に「骨汁初心者」による質問があった。
どこがおいしいか、という内容だが、答えの中に、
骨汁は油だらけで体に悪いという意見があった。
http://www.098u.com/2015/09/162979

ちっちっち。違うなぁ。

ほんまもんの骨汁は、鍋を絶対に沸騰させず、時間をかけて、浮き上がってくる脂はもちろんのこと、アクまできれいさっぱり取るので、びっくりするほどアッサリしてて、うまいのさ(^^)v

しかも肉とは、たいていの場合、骨のそばにあるやつが旨い。

マグロの中落ち
ラムの骨付き
豚のスペアリブ
骨付きマトン
骨付き牛カルビ

骨汁の身もまた、しかり。
骨汁を作ってみたら




posted by 中庸 at 15:11| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄裏観光ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする