2016年02月15日

週刊朝日「憤怒たゆたう」哀愁の基地の町で

2月19日発売の週刊朝日に、元朝日新聞記者で現在はノンフィクションライターとして活躍する三上喬氏の「憤怒たゆたう」シリーズに、沖縄県コザ(現在の沖縄市)が登場している。

P1070447.JPG

今は亡き、デイゴホテル社長、宮城さんの著書「哀愁のB級ホテル」を中心に、基地のまちコザに住む人たちの想いが語られている。

P1070448.JPG

実を言うと、この本を編集したのはオイラである。

その本が、偶然三上氏の目に留まり、その結果として現在のコザにスポットが当たったことをうれしく思う。基地を受け入れてきた街でさえ、人々の眼差しは変わりつつあると彼は指摘する。

三上氏の記事は、偏りなく淡々と、基地のまちを捉えて的確に描写している。良い記事だ。





posted by 中庸 at 15:57| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 考えさせられる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433846486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック