2016年04月25日

通り過ぎちゃった冷やし中華前線

冷やし中華はいつから食べればよいのか。先週、「冷やし中華のタレ」を買いに行ったら「まだ入荷していません」と言われた我が沖縄県。マルちゃんの冷やし中華予報によれば、沖縄県の冷やし中華前線は、2月に到来しているではないか!

「マルちゃん冷し中華予報」によると、「冷し中華前線」は、先週の4月17日には東京に到達。仙台は5月20日、札幌へは6月2日にそれぞれ前線が到達する見通しとのことだ。

気象予報士の久保井朝美さんによる「冷し中華前線」解説によると、

「夏には、エルニーニョ現象が終息し、北日本から西日本にかけては、暖かく湿った空気に覆われるので、気温は平年並みか高くなる見込みです。特に西日本は暑くてムシムシした夏になりそうですので、サッパリした冷し中華がより美味しく感じられそうです。」

d11613-6-171585-4.jpg

ちなみに、マルちゃんのキャンペーンサイトでは、その日の冷し中華の美味しさを、ウェザーマップが予測する対象地点の1時間ごとの気温・相対湿度・風速データをもとに算出し、10段階の「冷し中華指数」として数値化し紹介している。対象地点は、札幌、青森、仙台、新潟、金沢、宇都宮、東京、静岡、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇の15地点だ。

■マルちゃん冷し中華予報キャンペーンサイトについて

キャンペーンサイト「マルちゃん冷し中華予報 2016」では全国の「冷し中華指数」について、毎日その日の状況を地図上で確認できるよう更新中。「冷し中華指数」に関しては朝夕2回、更新予定。冷し中華を一味違うアレンジで楽しむためのレシピも公開する。

■キャンペーンサイト
http://www.maruchan.co.jp/hiyashichuka/
posted by 中庸 at 17:05| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 今日の沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437147489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック