2016年07月30日

何気ない今日は、何気ない明日になるのだろうか

日本の食はとても贅沢だ。金さえ出せば、世界中のご馳走が気軽に食べられる。いやいや、少ない予算でも驚くほどのグルメを堪能できる。それもこれもボーダーレス化と流通改革のおかげだろう。コンビニスーパーで目にする手軽な食材すらも、驚くほどの進化を遂げている。

そのせいかどうか、食を大切にしない風潮も見て取れる。まだ食べられるのに賞味期限間近というだけで捨てられる食材の多さは驚くほど大量だ。健康志向、ダイエット志向とかで、外食のご飯や肉を残す人もまた多い。

食べたいものを、いつでも食べられる日本。

もちろん、格差社会が広がり、飽食時代の恩恵すら受けられない人たちもまた多いのではあるが、普通に働いていれば、普通に毎日、バラエティに富んだ食を入手できる。

しかし、いったいいつまで続くのだろうか。日本の貧しかった時代を知る昭和生まれのオイラは、とても不安になる。

途上国を利用して何もかも手に入れることができるようになったのが日本。

繁栄はいつまでも続かない。それは歴史の証明するところ。

「えー、太るから要らな〜い」と食べ残す人。
「もったいないから全部食べるよ」という人。

異常気象。国際紛争。「今」を壊す要素だらけのなかでも、いまやコンビニスーパーで目にする手軽な食材すらも、驚くほどの進化を遂げている。

そんな毎日が、明日、明後日も続くと信じて我々は生きている。

今日は明日になる。

本当にそうだろうか。

我々が今謳歌している食文化は、暮らしは、明日もあさっても続いていくのだろうか。
posted by 中庸 at 11:40| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 考えさせられる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440569730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック