2016年04月24日

コザ騒動の写真って見たことある?

東京でコザ騒動の写真展が開催されている。場所は、明治大学アカデミーコモン1階ギャラリー。入場無料。29日まで。

最終日の29日午後1時から、明治大学グローバールホールでシンポジウムが開かれる予定。問い合わせは(電話)03(3296)2140、山内健治明治大学教授(研究室)。

琉球新報怒りぶつけた痕跡 コザ騒動写真展、東京で始まる

しかし、前は「コザ暴動」と言っていたのに、最近は「コザ騒動」って言うのかな?
posted by 中庸 at 16:43| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

未承認の遺伝子組換えパパイヤを探せ!

沖縄県によると、平成23年、県内において我が国では栽培や流通が認められていない(未承認の)遺伝子組換えパパイヤが成育していることが判明した。

県では、庭先などに品種が不明で、葉柄の赤いパパイヤが成育していたら、それは未承認の遺伝子組換えパパイヤの可能性があるので、果実を配ったり、種子を撒いたりすることを控えてほしいと訴えている。

ただし、葉柄が赤くても「EXP15」、「甘泉」、「プレミアム」、「豊作」など、品種が判っているものは遺伝子組換え体ではないので検査の必要はないとのこと。

■問い合わせ先
 沖縄県農林水産部 園芸振興課 果樹班  
 電話 098-866-2266

パパイヤ品種「台農5号」の見分け方
papaiya.jpg


posted by 中庸 at 17:16| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

4月21日から島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭

そういえば、今年もやってきました、沖縄国際映画祭、じゃなかった「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」!!! 中心になっているのは、吉本興業さん。

映画、お笑い、音楽、ファッション、スポーツ、グルメと盛りだくさん。

期間:2016年4月21日(木) 〜 24日(日)
場所
■なは会場:波の上うみそら公園、てんぶす前広場、国際通り、よしもと沖縄花月、桜坂劇場、ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄
■ぎのわん会場:トロピカルビーチ、宜野湾市立体育館
■コザ会場:市内ライブハウス、ミュージックタウン音市場
■うらそえ会場:てだこ広場
■ちゃたん会場:アメリカンビレッジ
■北中城ライカム会場:イオンモール沖縄ライカム
■とみぐすく会場:瀬長島ウミカジテラス

詳しくは、島ぜんぶでおーきな祭 公式サイトで。
http://oimf.jp/
photo.jpg
posted by 中庸 at 17:35| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

有楽町で『手と土と火と 沖縄のやちむん』展

Open MUJI Tokyo(東京都:無印良品 有楽町内)は、2016年2月26日(金)〜2016年4月3日(日)に『手と土と火と 沖縄のやちむん』展を開催します。

d987-712-675272-1.jpeg

会場 無印良品 有楽町 2F Open MUJI Tokyo
住所 〒100−0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
期間 2016年2月26日(金)- 4月3日(日)(全38日間)
時間 10:00-21:00(入場無料)
主催 無印良品
企画・運営 生活雑貨部企画デザイン室・無印良品 有楽町 Open MUJI Tokyo
企画協力 読谷山焼北窯、Art True Film、田中敦子
協力 読谷村役場、沖縄科学技術大学院大学
写真提供 Art True Film、沖縄県立浦添工業高等学校 写真部
グラフィックデザイン 6D 木住野彰悟

詳しくはOpen MUJI Tokyo公式サイトでどうぞ。
http://www.muji.com/jp/events/tokyo/
posted by 中庸 at 16:52| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

修学旅行シーズンの沖縄で

本日の気温28度。まだまだ暑い沖縄。

修学旅行シーズンとあって、若者たちの姿が多い。みんな楽しそうだ。今の時期は高校生たちだ。最近はタクシーで回る学校も増えていて、運転手さんたちにとってはありがたい話だ。

全国の学校の3割が、修学旅行は沖縄だという。

日本ではなかなか出会えない自然、
異なる歴史を抱え込んだ文化体験、
リアルな体験に裏付けられた平和学習。

この3つがそろう地域だけに、学びの旅としての沖縄の価値は高い。

沖縄の現実と出会った子どもたちが、どんな土産を持って、修学旅行を終えるのか。それが気になる。

P1060713.JPG
posted by 中庸 at 16:57| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

どーでもいいことですが、我が家の会話から(ミラー記事)

沖縄も、だいぶ、寒うなりましたなぁ〜。
P1060567.JPG

そうでんなー。
この家、もうちょっと、あったかくしてもらわんと、かなわんわぁ〜(T_T)
P1060586.JPG

あんたら、なに情けないことゆうてんねん。
猫なら猫らしく、もうちっと、根性みせんかい!
P1060579.JPG

ほんまや。ちっとは、わたいら犬族を見習ったらよろしいでぇ。
P1060580.JPG

そんなこというても、寒いもんは寒いねん。
ブルブル。
P1060569.JPG

ふっふっふ。あかんたれやなぁ。
P1060578.JPG

そっかー? 実はあたいも寒いねんけど、
飼い主さんの洗濯モノの上は、ええあんばいやでぇ。
P1060588.JPG

ということで、はよう暖房いれてえなぁ〜(*^^)v
P1060587.JPG
posted by 中庸 at 23:53| 沖縄 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

戦後に生まれた沖縄の異地「コザ」とは時代のあだ花だったのか。

週末沖縄でちょっとゆるり (朝日文庫) 文庫 – 2014/8/7
下川裕治 (著), 阿部稔哉 (写真)

よくある、ディープウチナー紹介本かと思い、気軽に読みだしたら、けっこう本音で書かれていて面白かった。なかでも、第七章 コザ/世替わりを重ねた街の人生の栄枯盛衰(仲村清司)という章は、仲村さんとほぼ同時期に、コザにハマった身としては、うんうんと納得いくことばかり。コザンチュにとっては耳の痛い内容だとは思うものの、コザから一歩離れて眺めてみると、コザにハマっていた時には見えなかった現実が、如実に浮かび上がってきた。

コザファンたちは、いま、その多くが、消えようとしている。那覇空港からコザに直行して、どこにも行かず一日コザにいて、コザンチュとゆんたくしたり飲んだり遊んだりしていた連中が居なくなっているのだ。その多くが、実は、那覇に来ている。桜坂や栄町などの飲み屋で、よく出会う。

地元コザンチュと、コザを好きだった内地の我々が共有した「コザ文化」とは、一体何だったのだろう。本当にそれは、文化だったのだろうか。もしかしたら、戦後の怒涛の米ドル流入に伴って生じた、単なる時代のあだ花だったのではないだろうか。これを独特のチャンプルー文化と勘違いしたことにより、コザはいま、消えようとしているのではないのか。

昨日、一年ぶりにコザに行ってみた。大量の振興予算が投入され、地元の人が頑張っているというのに、日常のコザの顔である商店街は、死んでいた。



posted by 中庸 at 14:13| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

オールド那覇

夏真っ盛りの沖縄。

午後4時の日差しは強く、とてもとても、夕方が近づいているとは思えない。元気なのは植物たちで、ちょっと油断すると、人の暮らしを飲み込もうとする。

P1050342.JPG

台風にも負けず、屋根の上にそびえ続ける水タンクにも、緑たちが絡みついていく。まさか、この中に水があることを知っているのだろうか。

P1050344.JPG

沖縄の大都会とえども、一歩筋道に入ると、歴史に彩られたオールドタウン那覇に出会える。まるで、探検している気分にさせられて、何気ない、当たり前の景色すら、蜃気楼のように現実感を消失してしまう。

P1050341.JPG
posted by 中庸 at 13:28| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

我が家の猫、きっきら君との戦いに破れたり

なんじゃ? これはなんじゃ?
P1050323.JPG

お、動いたぞー。気になるぞー。食べられるかなー。
P1050327.JPG

えい! あれ? 取れないぞー!
P1050329.JPG

これが、沖縄名物、夜鳴く鳥の正体、ヤモリでありました。
我が家では、通称「きっきら君」と呼んでおります。
夜中にきゅっ、きゅっと鳴くからです。

P1050325.JPG

こうやって、明るい窓辺に飛んでくる虫を狙っております。
ヤモリの居る家は繁栄すると言われておりますので、
沖縄に移住した方は「虫きらーい!」であっても、
共存共栄、ゆたしくうねげぇからさびらm(__)m
posted by 中庸 at 14:52| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

西之島はいずれ粟国島になるかも

溶岩でできた島、西之島も、いずれ花咲き乱れる美しい島になるのではないだろうか。

そこまで行き着くまでに、どれほどの年月がかかるか、それは誰にもわからないけれど、沖縄に格好の見本がある。

粟国島だ。地質フェチには、たまらない魅力だぞー(^^)v
http://www.dee-okinawa.com/topics/2013/07/agunigeologic.html

posted by 中庸 at 12:51| 沖縄 ☔ | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする